嘘も方便?上手な嘘のつき方とは?

嘘も方便?上手な嘘のつき方とは?

⒈事前に内容を考えておく

嘘はいけないことと子供の時に親や先生から言われたことは誰しもあります。
ですが、全く嘘をつかずにすべての言葉に正直になるのも難しいです。

特に大人になると立場や場合によっては難しく時にはつかなくてはいけません。
そこで悪事はダメですがどうしてもつかなくてはいけないときの上手な嘘のつき方、バレない方法はどうすればいいのかをお話しします。

まず事前に準備をしておきましょう。
準備と言っても内容を考えることが準備なのでそう難しくはありません。

とっさに出た言葉だと矛盾点が出てしまうことがあります。
矛盾点があると相手がおかしいと思いはじめてその矛盾点をあなたに聞き返してくることによりバレてしまいます。
事前に内容をしっかり考えておくことにより矛盾が出ないので上手につくことができます。

⒉本当にありそうな話を考える

そして本当にありそうな話を考えてください。
絶対にそんなことありえないでしょうと相手に思わせてはいけません。

内容も適当に考えるのではなくてしっかりと考えて本当にありそうなことを言いましょう。
この話しは本当っぽくないなと自分が思うものは相手もそう思ってしまいます。
自分の身の丈を考えたうえで内容を確かめることが大事です。

⒊実際につく時の挙動にも気を付ける

内容を決めた所で実際につく時の挙動にも気を付けましょう。
例えば目をそらさないように相手の顔をしっかりみて話をしましょう。

人間やっぱりいけないことをしているときは罪悪感を伴います。
罪悪感から逃れたくてついうつむきがちになり相手と目を合わせたくないと思ってしまいますがそれは危ないです。

落ち着きなくキョロキョロしているのも良くないですし、相手の顔をみないのも良くありません。
挙動から嘘がバレてしまうことがあるので内容だけでなく挙動にも注意しましょう。

⒋口数を少なくする

口数もできるだけつくときは少なくしてください。
ついつい口数が多くなってしまいがちですがたくさん話すということは余計なことを話してしまうことがあります。

緊張状態を落ち着かせるための行動をなだめ行動と言いますが、このなだめ行動のせいでバレてしまう確率が上がります。
必要以上にたくさん喋りすぎないように落ち着いて受け答えをしてください。

⒌相手との距離を近づける

そして相手との距離もできるだけ近づけることが重要です。
これからつくことを考えるとなるべく離れて喋りたくなりますがその行動が不自然に思われます。

特に相手と親しい間柄だといつもはもっと近くで話していたのに、罪悪感があり不自然な距離を空けてしまうことがありますがそこはいつも通りの距離で相手に伝えましょう。

⒍動揺してしまったらダメ

もし嘘をついた後で相手に指摘されることがあってもなんのこと?と白をできるだけ切ってバレないようにする心がけが大事です。
動揺してしまった時点でもう成立しなくなるので指摘されたらまず一呼吸おいて落ち着いた状態で相手と話すようにしてください。

 

以上が上手な嘘のつき方になりますが、上に書かれていることをきちんと守ることができたら相手にバレずにすみます。

嘘も方便の意味や使い方 Weblio辞書より