デリカシーのない男の言動まとめ

デリカシーのない男の言動まとめ

⒈デリカシーの無い男性の言動とは

男性に悪意は無くても、女性から見れば「デリカシーが無い!」と思う一言ってありますよね。

「結婚しないの?」「良い身体してるね」「彼氏いる?」といった明らかにセクハラになるような発言をする男性は減りつつありますが、それでも失礼な発言をする男性はまだまだ存在しているようです。

今回は、そんなデリカシーの無い男性の言動をまとめてみました。

●見た目に関する話をする

「髪の毛切ったんだね、似合ってるよ」「その洋服可愛いね」など男性は褒めているつもりであっても、不快に感じる女性は多くいるようです。

褒められるのは嬉しいけれど、他の女性からの冷めた視線が気になるから止めて欲しいという声もありました。
男性からすれば「体に関する事以外も褒めちゃいけないのかよ」と理不尽に感じる所もあるでしょうが、親しくない女性の容姿については黙っておいた方がいいでしょう。

●周囲の女性に点数を付けている

「あの女はありえねぇ、5点」「お前は80点!」といったように勝手に周囲の女性をランク付けしているこのタイプの男性は、誰しも一度は遭遇したことがあるでしょう。

この手の人は注意をしても、「えっ高い点数つけたのに何が不満なの?」「いや、お前の事じゃないって~」などと平然と言い放ってきます。
他人からすれば、女性に一方的に点数を付けているその行為自体が不愉快という事が理解できないようですよ。

デリカシー以前の問題ですので、近寄らないでいただきたいですね。

●何かにつけて女だから~と言う

男性はつい「女だから仕方ないよね」「女性には大変だろうから代わるよ」という発言をしてしまいがちです。
これは女性を気遣っての台詞ではありますが、それでも「女だから」というワードが見え隠れするとややムッとしてしまう女性も居る様子です。

なお、「女だから何をやらせても駄目」「これだから女は使えないんだよ」と見下した発言は当然ながらアウトですが、まさか今時こんな発言をする人は居ませんよね。

●生理についての話題をする

生理は成人女性にとってつきものですが、異性には触れられたくない話題の一つです。
恋人にも生理の話をするのは抵抗があるという人も珍しくはありません。

男性は「もしかして、あの女の人生理なのかな」と思っても、本人が助けを求めて居ないならば変な気を使わずにスルーをしましょう。
冷たいように思われるかもしれませんが、それもまた優しさです。

●何事も自分中心

これは男性に限った話では無く、男女問わずよく見かけるタイプですね。
「この日遊べないの?なんで?どうせ暇でしょ?」「そんな仕事止めればいい」と何でも自分基準で予定を決めたり、口を出してくるので非常に厄介です。

このようにデリカシーの無い人には、「傷ついた!」と気持ちを伝えても「そのくらいで傷つくなんておかしい」と平然と返して来るので困りもの。
そのようなデリカシーの無い人に出会ったなら、そっと離れるしかありません。